マシンスペックの良いパソコンは自作した方が正解です

量販店で市販されている製品は、最初からマシンスペックが決まっています。

すぐに新製品がゲット出来るのが家電量販店のメリットです。しかしマシンスペックが平均的な物で固定されているので、ある程度パソコン作業に慣れてきたユーザーにとっては、少し不便に感じられるかもしれません。メモリやCPUがスタンダードなモデルだと、いわゆる重たい作業に使いづらく、グラフィックボードやSSDが未搭載だとオンラインゲームのプレイ等の作業が満足に出来ません。

事務用に使うパソコンは量販店で探してもOKですが、ゲーム用やイラスト用やオンライントレード用のマシンは自作した方が賢明です。自作すればパソコンのマシンスペックを自由自在に決められます。自分でパーツを考えて、自作用のPCパーツを家電量販店や専門店街で買い揃えましょう。最近はネットショッピングでPCパーツを取り寄せる事も可能です。近くに専門店街等がない方は、スマートフォンやパソコンで自作用のメモリやマザーボードやSSDを取り寄せましょう。

パソコンのパフォーマンスはPC部品によって大きく変わります。マザーボードやCPUや電源の部品などは後で取り換える事が難しいです。そのため出来る限り、この部品については費用が許す限り、ハイクオリティーな物を選んでおいた方が安心です。一方でメモリやグラフィックボードやサウンドカード等は増設や交換が比較的簡単になりますので、組み立て段階で必要最小限の物を積んでおき、使用ながらアップグレードしていく方法が適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *