デスクトップを安く手に入れるなら自作パソコン

デスクトップのパソコンを少しでも安く買いたいなら、自作するのがベストです。

大手メーカー製は宣伝や人件費など様々なコストがかかっており、それが販売価格に転嫁されるため一般的には高くなりがちです。使用する目的に沿わない性能だったり、不要なソフトがインストールされていたりもするので、知識がない人には安心感がありますが慣れてくるとデメリットばかり目立ちます。メーカー製よりも安くなるのは、ある程度自由にカスタマイズできるBTOです。

BTOなら目的に合わせてパーツをカスタマイズしたり、不要なソフトもほぼないので大手メーカーよりもおすすめできますが、様々なコストがかかっているので最も安く買う方法ではありません。自作パソコンならCPUやメモリと言った一般的なパーツから、マザーボードやケースなど全てを自分の意思で決めることが可能です。そのため予算の範囲内で求める性能のパソコンを自作できるので、メーカー製やBTOを買うよりも費用を節約できるでしょう。

CPUやグラフィックカードなど特定のパーツだけ高性能にする一方、あまり重視しないパーツは価格を決め手に選べば、少ない予算でも必要な性能を満たすパソコンを自作できるでしょう。ただしパソコンを自作するためには、パーツなど様々な知識を要求されます。初心者がひとりで挑戦するとパーツの相性問題などで上手く作ることができないので、経験者にアドバイスをもらったりしながら始めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *