医療脱毛でムダ毛の悩みを解消できます


未分類 / 金曜日, 4月 20th, 2018

ムダ毛の多い人にとって日頃のカミソリでのお手入れは煩わしいものです。

特にワキやVIOゾーン等はデリケートな部位なので、直ぐに炎症を起してしまいます。稀にニキビの様な発疹を多数見つける事がありますが、これは埋もれ毛が炎症を起している場合が殆どです。無理に毛抜きで取除こうとすれば、炎症は更に皮膚の深層部位まで及んでしまう恐れもあります。

ムダ毛の自己処理は何かと肌のトラブルを抱える原因となっている事が多いです。ムダ毛の問題は専門家へ相談して脱毛した方が安全に解決できます。多くの脱毛方法がありますが、より安全で確実にムダ毛を取除こうと考えれば医療脱毛が最適です。

医療脱毛は美容皮膚科や美容外科といった医療機関で行われます。レーザー脱毛機器を使用して行われるので、毛根を破壊する事が可能です。毛根が無くなれば、再び毛が生えてくる可能性は極めて低く、永久脱毛の効果が期待できます。僅かに刺激を感じますが、ニードル脱毛の様な激しい痛みではないです。

医療機関なので、対応するのは医師と看護師です。肌の悩みを持つ人にとっては安心して任せる事ができます。医療脱毛は1回あたりの費用では光脱毛に比べ若干割高に感じられます。しかし高出力なので短期間で済ませる事が可能な事から通う回数を短縮できます。その結果、費用も抑える事ができます。

そして医療脱毛のレーザーは肌のシミを解消させる効果も得られます。くり返し医療脱毛を受ける事で美肌を得る事も期待できます。医療脱毛とサロンの脱毛の違いが分かってない人もいますが、これはいいことではありません。なぜなら、この違いをはっきりさせておかないと、誤った施術を受けてしまう可能性があるからです。

これから脱毛を受けたいと思ってる方は、必ずこの二つの違いを明確にしておくようにしてください。まずサロンで行われる脱毛の特長について理解しておきましょう。その一番の特長は、永久脱毛ができないということです。脱毛自体はできますが、それは表面の毛を抜き取っただけで、毛根までは破壊されていません。

永久脱毛は毛根を破壊することによって行われますので、普通のサロンでは永久脱毛はできません。この点が一般のサロン脱毛の特長であり、また医療脱毛との違いを明確にしている部分でもあります。では、医療脱毛の特長とはどのようなものでしょうか。

その最大の特長は、一般のサロン脱毛ではできない、永久脱毛ができるということです。すでに述べたとおり、永久脱毛では毛根を破壊しなければなりませんが、その毛根を破壊すると行為が医療機関ならできるのです。その理由は、医療機関には医師免許を持つ医者がいるからです。

毛根を破壊する処置は医療行為にあたり、これは医者でなければできないので、結果、永久脱毛は医療機関でしかできないのです。そしてこれが医療脱毛の最大の特長となっており、一般のサロンとの違いを明確にしています。永久脱毛ができるかできないか、それが医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いです。医療脱毛はレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は医療機関でしか行う事ができない方法であるため、エステサロンでは行う事ができません。医療脱毛は美容クリニックで行う事ができます。医療脱毛は黒い色素に反応する特殊な光を照射し、毛根部にダメージを与えて脱毛していく方法です。

エステサロンで使用している機器と比べて出力が非常に強いので、早く脱毛効果を実感することができるのです。少ない回数で毛が薄くなるので、より早く効果を求める人に人気があります。医療脱毛の痛みはゴムを弾いた程度なので、安心して行う事ができます。

毛周期に合わせて施術を行う必要がありますが、少ない回数で結果を出すことができるので、クリニックまで通う回数も少なく負担が軽いということが人気の理由です。料金の面ではフラッシュ脱毛よりも高くなりますが、いろいろなキャンペーンを利用すると安く費用を抑えることができます。

医療脱毛を行う場合は、まず美容クリニックでカウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングで脱毛についての説明などを聞いてから契約することができるのです。医療機関で脱毛をすることができるので、施術によって肌トラブルが起きた場合はすぐに対応してもらうことができ、安心して施術を受けることができます。

また医師免許を持った人に施術してもらうことができるという安心感もあるので、信頼して任せることができるのです。毛穴も目立たなくなり、美肌効果もあるのでより美しい素肌を手に入れることができます。安全な場所で脱毛を受けるにはどうしたらいいのだろう。

こんな風に考えてる方もおられるかもしれませんが、その答えはとても簡単です。つまり、脱毛は医療脱毛が一番安全だということです。そもそも医療脱毛について知らない方もおられるかもしれませんが、これは医療機関で受ける脱毛のことです。脱毛といえば、民間の脱毛サロンをイメージするかもしれませんが、それとは違います。

脱毛サロンには、技術の高いエステティシャンがいますが、しかしその人たちは医師免許を持っている医者ではありません。万が一のトラブルが発生した場合の対処についても、独自の方法で行うかもしれませんが、医学に関する専門的な知識やスキルを持っているわけではないので、必ずしも適切に処置できるとは限りません。

一方、医療機関には医師免許を持った医者がいることはいうまでもありませんが、医療脱毛はこの医者が施術を行うのです。つまり、専門的な医学の知識を持った人間が施術を行うことになるわけで、何か合った場合でもその知識を活用して適切に対処することができます。

また、医療機関には看護師もいますし、必要な設備もしっかり整っています。こうしたことを考えると、安全な場所で脱毛が受けられるのは、医療機関しかないということができます。これから脱毛を受ける方で、安全に行いたいと思う人は、ぜひ医療脱毛を受けるようにしてください。

ちなみに、脱毛の効果についても、永久脱毛ができる医療機関なら確実です。医療脱毛を受けるにあたって守るべき注意事項はいくつかあります。その中に当日の禁止事項があるのです。医療脱毛当日はレーザーを照射します。このレーザーは肌内部の黒い色をした毛母細胞にダメージを与えるわけです。

ただ、そうは言ってもそれほどの威力があるレーザーですから、照射後の肌は非常に乾燥、肌内部は非常に軽い火傷状態になっていることを頭に置いておきましょう。これを踏まえたうえで医療脱毛当日にしてはいけないことがあります。それが飲酒や激しい運動、そして入浴などの体を温める行為です。

普段であれば体を温めるのは良いことなのですが、脱毛当日にNGなのはなぜなのでしょうか。それは血行が良くなることで肌内部の軽い火傷が広がる恐れがあるからです。肌内部の軽い火傷が広がって肌が赤くなったり、炎症を起こす可能性があるのです。もちろんそうならないケースも多いですが、万が一火傷にでもなって跡が残ったら大変なので、施術当日の体を温める行為はさけましょう。

また、服装にも注意しましょう。服が肌に擦れるとそれが刺激となる可能性があります。腕や脚など擦れる可能性がある場合、綿やシルクなど擦れても肌に大きなダメージにならないような素材の服にするといいでしょう。また夏場など、紫外線の強い時期はその紫外線が肌への刺激となる可能性が高いので、露出の少ない服装にするとか、薄手のカーディガンなど一枚羽織れるものを用意しておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です