永久脱毛の方法について


未分類 / 水曜日, 4月 11th, 2018

永久脱毛といえば、一つの方法しかないと思ってる人もいますが、そんなことはありません。

実はその方法にはいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。したがって、脱毛を行う前にどの方法が自分に合ってるのか、またリスキーなのかについて調べておく必要があります。まずはざっとそれぞれの方法の特長について比較しておきましょう。

そもそも、永久脱毛の方法はどんな種類があるかといえば、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛があります。レーザー脱毛はとても有名かもしれませんが、これは皮膚の表面にレーザーを照射して脱毛する方法です。近年ではすっかりポピュラーな方法の一つになり、男性も女性も多くの方がこれを利用して永久処理を行っています。

そのメリットは、処理が短時間で終わること、デメリットは色の薄い毛には効果が出にくいことです。次にフラッシュ脱毛ですが、これも比較的ポピュラーな方法ですが、こちらはカメラのストロボのような光を照射して脱毛を行う方法のことです。メリットは照射範囲が広いこと、デメリットは産毛には効果が出にくいことです。

最後に紹介するのはニードル脱毛ですが、こちらは永久脱毛の効果がとても高いといわれていますが、毛穴に針を通しておこなう脱毛方法なので、ややリスクが高いといえます。メリットは永久脱毛の効果が高いこと、デメリットは時間がかかり痛みを伴うことです。

このように、永久脱毛にはいくつかの方法があり、それぞれに特長が異なります。永久脱毛法の中で、もっとも完璧な効果が期待できると言われているのがニードル脱毛です。ニードル脱毛は毛穴一つ一つに特殊な細い針をさしこみ、そこに微弱な電流を流して毛母細胞を死滅させていく方法です。痛みが強く、時間がかかるのが特徴であり、かなりまとまった費用がかかります。

全身の永久脱毛を行いたいと考える場合には時間も費用もかかり過ぎますので現実的ではありません。ただし、ピンポイントで特定部位に対して処理を行いたい時には、とてもきれいに処理できる方法です。最近主流となっているのは光脱毛です。光脱毛は永久脱毛法の中でもっともリーゾナブルであり、痛みも小さい方法です。

出力が弱くて肌への負担が少ないので、他の施術方法では受けることができなかった人でも行える可能性があります。照射される光には、肌中のコラーゲン生成能力を高める働きがあります。潤いが蘇り、保水力もアップしますので、肌コンディションが向上します。また、赤みや毛穴の開き、色素沈着などの肌トラブルも改善されることがあります。

光脱毛としばしば比較されるレーザー脱毛は、医療機関で行われています。医療行為として行われている施術ですので、照射に認められている出力も高くなります。出力が強い分、1回あたりの効果が高くなりますが、安全性に問題はありません。また、トータルでかかる期間も短くなりますので、短期間で一定の効果を得たいという場合に利用したい方法です。

いろんな脱毛方法がありますが、毛を生えて成長させる基の組織の毛根とか周辺を破壊して、もう体毛を生えなくする施術のことです。破壊という言葉からも、意外と刺激的な方法であることがわかります。そんな脱毛は従来は針脱毛が、長いあいだメインで行われてきました。

電気針脱毛と呼ばれる方式であり、かつてはエステでもふつうに行われていましたが、現在では禁止されています。施療は美容クリニックや病院などでも、今はほとんど行わなくなっています。針脱毛を行わないのは、毛穴1本1本に対しての時間のかかる処置であり、細い針を刺しながら、針の先端から熱を発する手間のかかる手法だからです。

確実に毛根を破壊する方法ではありますが、大変に時間がかかり過ぎますから非効率な脱毛です。体験した人は口を揃えているのが、その痛みへの驚きです。激痛を伴いますから、あまり歓迎はされない方法にもなっています。それに代わって、現代において行われるようになったのが、医療機関での医療脱毛です。フェミークリニック

針脱毛のような、強烈な痛みを長い時間耐え忍ぶような脱毛ではありません。時間的にも短いですし、痛みも針脱毛よりもずっと軽いので、脱毛するのに不安を感じる必要もありません。医療脱毛も、確実にムダ毛をなくすことが可能な方法です。医療脱毛では、レーザーの熱照射で、完全に毛乳頭などの組織も破壊していきます。

針を刺す痛みの強烈な方法をとらなくても、ムダ毛はなくしていくことができます。医療脱毛でのレーザーは、何回か照射する必要があります。クリニックによってもアナウンスが異なりますが、医療脱毛はだいたい2ヶ月間隔でレーザー照射を、何回かに分けて行います。

数回にわけて施術をするのは、毛周期に関係しています。医療レーザーの熱は強力ですが、皮膚の奥深くに眠っている毛根までは届きません。毛が表層まで上がってくるまでには時間が掛かり、そのベストな時期を待たなければならないのです。医療脱毛でレーザーをあてる回数の目安は、5回から6回です。ムダ毛の量がまだ残っていたり、数本が気になることもありますから、それ以降の照射回数は、一人ひとり個人差があります。

毛の照射に個人差が出てくる要因の一つは、その人それぞれの体毛の量です。体毛の量の多い人は、脱毛を終わるまでに時間がかかります。皮膚の色によっても、効果には差が出てきます。レーザーは黒い色に反応する特異性を生かす方法であり、基本的に白い色には反応をしません。素肌の色が白くて、体毛の黒い人のほうが、医療脱毛の効果は発揮しやすくなります。

ですから医療脱王をするならば、肌は焼かないようにして、白い状態である方が効率的でもあるわけです。日焼け後は避けたほうがいいですし、肌の色が回復するのを待ってから、再び脱毛のお手入れをします。人体にはマイナスの影響のないレーザーですが、皮膚の色が黒い状態だと、照射によっての痛みは強く感じます。

何よりも、黒い皮膚はやけどになる可能性もあるので、日焼けをしたら脱毛はお休みをすることになります。医療脱毛とエステ脱毛の最大の違いは、医療行為であるかないかという点です。医療脱毛に代表されるのが医療レーザー脱毛ですが、これはエステのフラッシュ脱毛とメカニズムが非常に似ている脱毛方法であるためエステ脱毛との差がわかりにくいと感じる人も多いようです。

しかし医療レーザー脱毛は医療用のレーザーを使用するれっきとした医療行為で、施術を行う者は資格を保有している必要があります。一方のフラッシュ脱毛は特殊な医療資格は必要ありません。医療レーザー脱毛では施術者にかかわらず一定の知識、技術のレベルが保たれていますので、クリニックや施術者によって仕上がりばらつきがあるといった懸念がないという点がメリットとして挙げられるでしょう。

また、医療脱毛とエステ脱毛では効果の現れるスピードにも差があります。医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて出力の高い医療用レーザーを使用して処理しますので、1回の施術で毛根の深層にしっかりと作用を与えることができます。医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともに脱毛完了までには複数回施術を行うことになりますが、出力の強さの違いは必要な施術回数に差となって現れます。

一般的にフラッシュ脱毛であれば完全に脱毛が完了するまでには10回前後の施術を必要ですが、医療レーザー脱毛であれば5回前後で十分な効果を得ることが可能です。早く脱毛を終わらせたいという人や、毛量が多くてなかなかフラッシュ脱毛では効果が得られにくいといった人でも、医療レーザー脱毛なら必ず満足のいく効果を実感することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です