脱毛を医療機関で受ける人が増加中


クリニック, 美容, 脱毛 / 木曜日, 11月 30th, 2017

脱毛についてその1
“美容の専門家による施術を受けられるのが美容整形や美容皮膚科になります。美容施術には医療脱毛も含まれており、居心地のよい空間でスベスベ肌を実現することができます。ドクターが在籍しているので肌トラブルにも迅速に対応できますし、施術をするのは医療資格の保有者に限定されるのがメリットです。脱毛出力を高くして処理ができるので、短期間でツルツルにできるわけです。

医療脱毛は刺激が強いと言われていますが、肌トラブルが起こらない程度まで調整するので安全性は高いと言えます。レーザーの出力を上げるほど処理回数を減らせるのですが、肌が弱くなっていると上げすぎるわけにはいきません。ここの見極めは非常に難しく、医療脱毛だからこそ可能になることです。

医療脱毛は高額な印象を持たれる方が多いですが、実際は思いのほか費用を安く抑えられます。1回の効果が高くて完了後もツルツルを維持できるのが大きく、将来的に濃くなることはありません。更年期になるとホルモンバランスの崩れからやや太くなることはありますが、極端に変わるわけではありません。基本的にツルツルにした肌はずっと状態が持続してくれるので、将来的にセルフケアで処理する必要はなくなります。”
脱毛についてその2
“フェイス脱毛の人気は男女ともに高く、デリケートな部位だからこそクリニックに任せる方が多いです。自宅で行えるセルフ脱毛には様々な方法がありますが、ほとんどの脱毛グッズは顔に使用しないように規定があります。顔の処理に使える方法はシェービングと毛抜きであり、それ以外の方法はおすすめできません。

顔をツルツルにすることはメイクの密着度を高めてくれるため、メイク崩れがしにくくなります。メイク直しの回数が多くて悩んでいる方は、ムダ毛によってメイクが浮いてしまう可能性があります。メイクがしっかりと乗るようにするためにも、フェイス脱毛を利用してみましょう。最近は医療機関でも低刺激のライト脱毛を導入するところが増えてきており、肌が敏感な方におすすめです。

美容整形や美容皮膚科では美容施術もセットで行ってくれるので、処理後のスキンケアも万全です。プロによる保湿ケアによってプルプルの美肌を促進し、透明感のある状態に変えてくれるでしょう。顔は全身の部位の中でも特に難易度が高いため、自己処理はおすすめできません。自己処理を長年続けている方はかなりのダメージを溜め込んでおり、老化を早めてしまう可能性があります。美肌を維持するためにも医療機関での処理をおすすめします。”
脱毛についてその3
“医療脱毛にはまとまったお金がかかるので、医療ローンを利用する方が多いです。エステサロンでは月額制と呼ばれる支払い方法で、毎月一定の金額の支払いになるので楽です。医療ローンは基本的に金利が発生しますが、特定の回数までは無金利で利用できるクリニックもあります。都度払いができるクリニックもありますが、1回ごとに料金を支払うタイプだと途中で辞めてしまいがちです。脱毛完了まで通うことを考えるなら、最初にローン契約をしておくのも手でしょう。

ローンを組んでしまうとローン分は利用しないと損を考えるので、定期的に通うようになるはずです。医療脱毛は少ない回数で完了できますが、それでも4~6回くらいはかかります。フェイスやVIOだと10回以上かかることもあるので、ローンを利用するメリットは大きいでしょう。

医療ローンを利用する場合は審査に通過する必要がありますが、基本的に多目的ローンより審査に通過しやすくなっています。その理由は脱毛という目的が明確になっているためで、目的ローンに分類されているわけです。脱毛は20歳以上になれば受けることができるので、20歳と同時にローン契約をする方が多いです。20歳未満の場合はローンを利用できないので、都度コースを利用することになるでしょう。”
脱毛についてその4
“ムダ毛が濃いので処理回数が増えそうで不安という方は多いですが、意外なことに剛毛のほうが脱毛効果が出やすいです。医療レーザーやフラッシュは色素に反応する仕組みとなっており、ムダ毛が濃いほど1回あたりの減毛効果は高くなるわけです。産毛の部位は意外にも効果が出にくいので、処理回数は6回以上になることもあります。部位によって照射回数が変わってくるので、全身が同じタイミングでツルツルになるわけではありません。

レーザー脱毛は毛根に毛がある状態でこそ効果を発揮するもので、ワックスや毛抜きでツルツルにした状態で照射しても意味がありません。そのため休止期の状態にある毛根からは、将来的にムダ毛が生えてくる可能性はあります。ただしこうした部位はそれほど多くはないため、基本的にツルツルをずっと維持できると考えてよいでしょう。

肌トラブルを予防するために脱毛をするなら、産毛程度まで細くすれば問題ありません。遠くから見るとツルツルに見えますから、産毛まで細くしたら脱毛完了という方が多いです。完全にツルツルにする場合は2倍くらいの回数が必要になることが多いので、予算と相談しながらどこまで薄くするか決めましょう。脱毛の効果を少しでも高くするためには、肌が保湿されて元気な状態で処理を受けることが大切です。”
脱毛についてその5
“医療脱毛は昔と比べると、大幅に安くなって利用しやすくなりました。その最大の理由は脱毛の高速化にあり、度重なるマシンの改良によってエステサロン並の高速処理が可能になったわけです。冷却ジェルを不使用で使えるフラッシュマシンを導入しているクリニックもあり、広範囲を一気に処理できるのが魅力です。

ちょっと恥ずかしい部位の脱毛に関しては紙ショーツを使用してくれるところもあり、思っているほど恥ずかしさは感じません。何よりクリニックの医師や看護師は毎日施術を行っているので、どのような部位に対しても見慣れています。欧米では剛毛をそのまま放置しておくほうが恥ずかしいと考えており、脱毛利用者の割合は日本よりもかなり高いです。

医療脱毛のメリットとして処理する時期がかなりあいてしまっても、変わらない効果を得られることがあります。スケジュールの都合から3ヶ月に1回しか処理を受けられないという方もいますが、問題なくツルツルの美肌を手に入れています。一般的な処理サイクルを見ると2ヶ月に1回が多く、この点はサロンとあまり変わりありません。処理は毛周期に合わせて行われるので、処理回数を増やせばいいものではありません。毛周期は体質や部位によって変わってくるので、部位によって処理する時期が異なる場合があります。”
脱毛についてその6
“医療脱毛には麻酔が必要と考えている方がいますが、基本的に使用することは少ないです。男性のヒゲ脱毛においては使用されることもありますが、それ以外は冷却ケアによって痛みを最小限に抑えることができます。冷やした部位は鈍感になるので、痛みを大幅に抑えられるわけです。レーザーによる熱処理で肌は熱くなることが多いですが、施術後に保湿をすればすぐに回復するでしょう。

脱毛により発汗が増えると感じる方は多いですが、これは汗の蒸発機能が低下するためです。人によってはワキガが強くなったと感じることもあるようですが、脱毛することで洗浄しやすくなるメリットがあります。しっかりとデオドラントをすることで脱毛前よりも体臭を抑えることが可能でしょう。

医療機関で人気のメニューは全身コースであり、最近は1回で全身に照射できるクリニックが増えています。昔は部位別に日時を変えて処理していましたが、今は一気にツルツルすることが可能です。もちろん忙しくて処理時間を短縮したい方に関しては、全身を複数回に分けて処理することもできます。自分の都合やペースに合わせて処理できるのがメリットであり、1~2年ほどでツルツルにできるでしょう。紫外線ケアを普段から徹底しておけば、さらに処理期間を短くすることが可能です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です